身の丈に合った住まいなら中古マンションもおすすめ!購入前に知っておきたい関連情報まとめ

このサイトでは、身の丈に合った住まいを探されていることを想定して中古マンションをおすすめしています。
マンション購入の検討前、検討中、引っ越し後のそれぞれで役立つ情報をまとめていますのでご覧ください。
まずは検討前にぜひとも知っておきたい関連情報をまとめています。
検討中の方向けにはマンションの管理状況のチェックポイントについて記述しています。
そして引っ越し後のリノベーションの仕方についてのお役立ち情報を提供しますので、住まいをお探しの皆様の参考になると思います。

身の丈に合った住まいなら中古マンションもおすすめ!購入前に知っておきたい関連情報まとめ

中古マンション購入検討時には必ず内覧をしますが、その際の時間帯がポイントになります。
特に上の階からの騒音については事前の確認が大切になりますので、自分たちが家にいて落ち着きたいであろう時間帯での内覧をおすすめします。
現所有者が立ち会うケースもあります。
その際には騒音に関して話を聞いて参考にしましょう。
また、中古マンションの購入は個人間売買に当たるため、消費税がかからないことはあまり知られていません。
浮いた費用分を将来のリノベーションの頭金にすることも検討してみてください。

選択肢の広い中古マンションなら希望条件の住まいを見つけやすい

マンションを買うときに、立地は優先されやすい条件です。
特に通勤やお買い物を考えたら駅前や駅チカの物件は、交通アクセスが良いため人気があります。
しかし新築にこだわっていると、立地の良さを最優先の条件にしていると選択肢が狭くなります。
駅前や駅チカの土地は、すでに開発がされつくしていて新築マンションの数は限られるのが現状です。
ですが中古マンションまで選択肢に入れておくと、物件選びが楽です。
10年や20年前に建てられた中古マンションまで候補になるので、立地の良さにプラスした理想の条件をかなえた住まいが見つかるでしょう。
中古マンションまで候補に入れて物件探しをするのは、立地の良さを追求するときだけではありません。
価格帯や部屋の間取りなども、新築だと条件を満たす物件がない場合もあります。
そんなときも中古マンションならかなえられる可能性があるので、最初から新築にこだわらずに理想の物件を探すのがおすすめです。

中古マンションの資産価値は維持しやすい

マンションを購入する上で、新築か中古かで迷う場合も多くあります。
実際に長い生涯をすごす場所とする場合、新しい環境や家を希望するのであれば新築が理想的です。
ただし将来的に引っ越しをする予定がある場合や手放す事を想定している場合、注意すべきポイントとなるのが資産としての価値になります。
新築の場合は購入してから生活がスタートしますが、年数が経過すれマンションとしての価値は低下していきます。
マンションが持つ価値のポイントとなるのが、新築から15年という目安があるのがポイントの1つです。
15年が境となり物価価値は、低下していきますが下げ幅自体は少なくなります。
中古マンション自体は元々年数が経過しているタイプであれば、資産価値自体が下がりにくいという点が特徴です。
また中古マンションであっても状況や状態にあわせてリノベーションを行うという方法を取り入れることで、資産価値を長く保つ事が出来るという点も大きな魅力といえます。

中古マンションは信頼できる不動産会社から購入

マンション購入を検討するなかで、よりコストを抑えたい場合に中古マンションはおすすめな物件お1つとなります。
中古マンション自体は物件価値自体が下がりにくく、リノベーションを行うことで価値を長く保つ事ができより長く生活する事も可能です。
実際に購入するためには不動産会社を選ぶ必要がありますが、企業選びで抑えておくべきポイントも把握しておく事が重要となります。
ホームページをチェックする際は、規模だけで選ぶのではなく情報量が充実しているかどうかという点がポイントの1つです。
マンション自体の売買に特化しているかどうかという点や、レスポンスが早いかどうかという点も確認しておくべきポイントとなります。
メールなどの問い合わせに対して、直ぐに返信があるかどうかでレスポンスのチェックが可能です。
ヒアリングの際も丁寧に細かい点まで要望や希望を聞いてくれるかどうかや、良い点だけでなくデメリットやリスクの説明がしっかりあるかどうかも確認する事が重要となります。

リフォーム済みの中古マンションで追加費用を節約

中古マンションの市場では、築20年や30年の物件も珍しくありません。
低価格帯で購入できる物件なら、築30年前後が一般的ですらあります。
建設から20年や30年が経過していると、前の入居者が丁寧に使っていても室内のいたるところにダメージがあります。
クロスが汚れている、フローリングに傷があるのは当たり前ですし、設備が故障している可能性もあるでしょう。
室内にダメージが残っている中古マンションを購入すると、それらをリフォームするための費用も必要です。
そのためダメージが残っている中古マンションを購入すると、きれいにするための追加費用も用意しなければいけません。
しかしクロス交換やフローリングの張替え、トイレやお風呂の交換などリフォーム済みの物件なら、中古マンションでも室内はきれいな状態です。
リフォーム済みの場合は周囲の物件より価格が若干高めではあるものの、トータルの費用を考えればかえってお得な物件です。